ワイングラスという響きを聞くと背筋が「ぴんっ」と張る。

ワインという言葉には優美な響きが漂っているし、ワイングラスそれ自体が、飲み口も持ち手も薄手で繊細な印象です。同じワインを別々のカタチのワイングラスで出したら一緒のワインだと気づかれなかった、という逸話があるくらいなので、その繊細さはその道のプロの人にとって本当に大切なものなのだと思います。

けれどよくよく考えてみると、ワインはヨーロッパでは大衆的な飲み物。

記念日や誕生日に背筋を伸ばして飲むための繊細なワイングラスにも惹かれるけれど、普段使いに気軽に使えるワイングラスがあっても良い。

19世紀末頃まで宙吹きという製法で、フランス各地のガラス工房で作られた手吹きのワイングラスには、そんな想いを満たしてくれるラフに接せられる使い心地の良さがあります。

 

20150508-IMG_2359

 

ビストロで使われていた普段使いのグラス

フランスでは当時の手吹きのワイングラスのことを、”ビストログラス”と言います。

言葉の通り、当時大衆食堂であるビストロで、ワインや水のサーブなど食事のさまざまなシーンで使われたことからそう呼ばれます。そうした普段使いで使われていた背景があるからでしょうか。厚みがあって丈夫なワイングラスからは、繊細さというよりは気軽さを感じることができます。

 

アンティークとしての美しさ

手吹きグラスだからこそできる不均一で優しい曲線やガラスのゆらぎには、アンティークとしての美しさもあります。20世紀初頭には機械工業へ移行のなかでやがて姿を消すことになる各地のガラス工房の職人による、当時の手工業文化の一端が垣間見えます。

今の暮らしに気持ち良く馴染む、文化的な背景をもつ魅力的な佇まいのモノを探す。少し骨の折れる作業ですが、アンティークと付き合っていく1番の愉しみです。フランスアンティークの定番の1つでもある手吹きのワイングラスからは、それを自然に感じることができます。

 

170229_8

 

普段の食事に取り入れるなら、テーブルワインにはもちろん、アイスティーやジュースを入れると手吹きグラスゆらぎがとても綺麗です。あるいはスムージーを入れてみるととろっとしたグラスの厚みが愉しめます。

ステムのついたグラスは底から水が滴ることがないので、コースターがなくてもテーブルで安心して使えますね。そんなふうに暮らしに取り入れたときにふと気付ける、用の美ももったグラスです。

 

フランスアンティークの定番の1つではあるのですが、デザインも使い心地も、他ではありそうでなかなかない本当に魅力的なグラスだなと思います。地域や作られたガラス工房によって、サイズやデザインもさまざまにあるので、出会いを大切に、お好みの手吹きワイングラスを見つけていただきたいなと思います。

 

オンラインショップに少し手吹きのアンティークワイングラスをご紹介しておりますので、よろしければご覧になってみてください。

 

Items