menu

Items / Pottery

Creil et Montereau “Octogonal Soup Plate 26cm”

 

1900年代前期にクレイユ エ モントローのモントロー製陶所で作陶されたオクトゴナルスープ皿です。

画家のパブロ・ピカソが愛したことでも有名なアンティークオクトゴナル皿。主だったものとしては初期オクトゴナルと呼ばれる19世紀初頭の合併前、単独経営時代のクレイユやモントロー、あるいはシャンティーといった窯で作陶されたものと、20世紀初頭頃に復刻されクレイユ エ モントローで作陶されたものの2種類がありますが、こちらは後者の品。

食器としての製陶技術がある程度安定した時代のオクトゴナル皿は、日々の食卓でタフに活用いただきたい「用の器」です。

見込み(受け皿)の比較的ゆったりとした深皿です。ディナー用のメイン皿として水気のあるメニューを乗せたり、大人数の食卓でサラダを盛り付けたりといった用途にお勧めです。

使用感のごく少ない良好な状態の品をまとめてご紹介しています。

 

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユ エ モントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

マテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)が主。

パリのブルジョワジーを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの気配、空気感を纏ったものが多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

クープランでは、骨董品ならではの儚さとフランスらしい装飾性が同居したクレイユエモントローの作陶品を探し選び、ご紹介しています。

 

(ご売約済)

Related posts