170274_5170274

<Shopping Information>

サイズ: 11.8cm
状態: 良好。シルバーは磨いてお届けいたします。

 


 

アンティークカトラリーとしては、ティースプーンに比べると製造数が少なく、比較的珍しいサイズ感ですね。フランスでは伝統的な持ち手に貝殻のデザインをつけた、小さなモカスプーン。

かつてコーヒーカップをかき混ぜる用途で使われていたもの。エスプレッソカップに添えていただくのはもちろん、シュガーポットに挿していただいたり、あるいは食卓や料理中にジャムや調味料をすくったりと「あると何かと便利」なスプーンです。

 

ちなみにこのモカスプーンの語源はコーヒーの産地としても有名なイエメンの港町モカから。

かつてこの街から主に出荷されたイエメン産、及びエチオピア産のコーヒーのことをモカコーヒーと現在でも呼びますが、モカ港から初めてのコーヒー豆が持ち込まれ、その後それぞれの国が自国の植民地に「モカ」の豆を運び栽培したことで、コーヒーはヨーロッパ全土に広がっていきます。その名残から、小さめのスプーンがモカスプーンと呼ばれるようになったそうです。

 

> Silver Plate Cutlery (シルバープレートカトラリー)

シルバープレートとは産業革命の波を受けて、18世紀から19世紀にかけて発展した、真鍮や洋白 (ニッケルシルバー) 等の下地を銀で覆った素材のことです。

美しい輝き、優しい肌触り、食器やグラスに触れたときの綺麗な響き。純銀に比べると暮らしにも取り入れやすく、ヨーロッパの家庭やレストラン、ホテル等さまざまなシーンでも広く使われてきたシルバープレートカトラリーは、食卓の品位を気軽にぐっとあげてくれる存在です。

 


 

> シルバープレートの普段の使い方とお手入れ方法

銀食器は使っていると空気に触れて色がくすんでいきます。

・洗ったあとはできるかぎりすぐに拭いてあげてください。
・毎日と言わずとも定期的に使ってあげることが大切です。

黒ずみが気になるときはお鍋に熱いお湯を張り、アルミホイルと重曹を入れカトラリーを浸しください。銀が輝きを取り戻します。またこの方法であれば、銀食器の量が増えても、手間が増えずにお手入れいただけると思います。

説明をすると面倒な素材に聞こえますが、想像よりずっと気軽に使える素材です。ぜひ暮らしのなかで程よく気をかけてあげながら、シルバープレートカトラリーと付き合ってみてください。

 

販売価格(税別)
¥1,400
Stock:1点