<Shopping Information>

サイズ:  W13 × D10 × H13cm
状態: 良好

 


 

1870年代にジアンで作陶されたシュクリエ (シュガーポット)。

古いジアンの陶器ならではの雑味のない艶やかな白釉と自然と陰影ができるフォルムがとても美しく、ずっと眺めていたくなります。引き算ではなく、絶妙な加減の足し算が感じられる、フランスらしい器です。

どんな場所にも添えていただきやすく、それでいて小さすぎることもないサイズ感。キッチンやダイニングで本来の用途である砂糖や塩を入れてご使用いただくのはもちろん、手にしていただいた方の用途に合わせて、多様にお使いいただきたいなと思います。

 

 

> Gien (ジアン)

1821年にフランス内陸部ロワール地方の街ジアンで創業した陶器会社。イギリス人実業家トマス・エドム・フルム (通称 HALL = ホール) によって開窯され、現在に至るまで陶磁器の生産を続けています。

フランス革命を経て1800年代初頭以降、フランスの様々な地方で創業を開始したファイアンスリー (ファイアンス陶器窯) の1つですが、そのルーツとなっているのはパリ近郊で当時大変有力だった窯、モントロー。

モントローは、1740年代に開窯後、1774年以降はイギリス人による一族経営が行われていました。その窯の工場の所有権を1819年に売却したトマス・エドム・フルムが、1821年に訪れた街ジアンで、最低限の土地と古い修道院だった建物を買い取り、そこでイギリス式ファイアンス陶器の製造を始めたのが、現在のジアンの始まりです。

創業当初は主に日常生活品の製造を行っていました。19世紀初期〜中期のジアンの器は窯の規模的にも製造数が多くはなく、現在ではとても希少です。

19世紀半ば以降は17世紀・18世紀のヨーロッパ各地の名窯からインスピレーションを得て優れた技法を掴み、万国博覧会に出展し金賞という栄誉も獲得。その後現在に至るまで、フランスを代表する陶器会社として成長を続けてきました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点