menu

Items / Pottery

Creil et Montereau “Lim Plate 21.3cm”

 

透かし模様 (フランス語: ajouré,e)のリム皿。フランスアンティークならではの器としてファンもとても多いデザインですね。

古手の風合いが素晴らしく、ぜひ古い器ならではの雰囲気がお好きな方に手をとっていただきたいなと思います。1849年から1867年頃。クレイユ エ モントローとして窯が合併し、ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が経営を行っていた時代に作陶をされた器です。

料理やお菓子を乗せると少し広めで優しい雰囲気のリムが浮き上がり、食卓をとても魅力的なものにしてくれます。

それぞれ風合いが異なりますので、ご希望の個体をご指定ください。
どの器も傷や欠けはございませんのでご安心ください。

 

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

パリのブルジョワを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの空気感を纏った作陶品が多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

窯としてさまざまな変遷を経ていますが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の品や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられる品を主にご紹介しています。

 

(ご売約済)

Related posts