<Shopping Information>

サイズ: カップ W7 × D8.5 × H6cm / ソーサー φ14cm
状態: 良好

 


 

ディゴワン サルグミンヌで作陶されたカップ&ソーサー。1900年代初期頃の品です。

小さめのカップ&ソーサーというのはごく個人的に、暮らしのなかで最も使用頻度の高い器です。

急ぎで朝ごはんを済ませたいときでも、夜に外食をして帰ってきたときでも、ほんの1杯のコーヒーやハーブティーは楽しみたい。フランスで見つかる古いコーヒーカップ&ソーサーは、所謂一般的なデミタスカップよりもほんの少し大きなサイズ感で、それがとてもちょうど良いなと思っています。

可愛らしい雰囲気。作陶技術が安定した時代の器ということもあり、程よく硬質なので、ぜひデイリーでお使いただきたいなと思います。

 

 

> Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ