<Shopping Information>

サイズ: W152 × D147cm
状態: 全体として良好ですが、2箇所に茶染みがございます。写真と説明をご確認ください。

 


 

19世紀に織られたざっくりとしたリネン麻の中判クロス。

古いリネン麻ならではの上品で渋い風合いは、可愛らしいチェック柄を、甘くなりすぎない大人な雰囲気に仕立て上げてくれています。2人掛けのダイニングでテーブルクロスとしてお使いいただくのにちょうど良い、比較的コンパクトなサイズ感。使い方は多様だと思います。

使用感も少なく状態は全体としては良好ですが、一覧写真3枚目のようなポイントの茶染みが3箇所程、写真では分かりづらいくらい薄くですが折り目部分にできた縦線の茶染みが1箇所(一覧写真4枚目) あります。端の折り目が逆にはなりますが、生地の質感は一緒なので、裏返して利用いただくと染みを目立たなくなります。

 

> Chanvre & Linen (ヘンプ、リネン)

キッチンクロス、テーブルクロス、シーツ。ヨーロッパで日常品として広く使われてきた麻布ですが、1900年代前半ごろまで使われていたものの特徴の1つが、それぞれの生地が家庭で手織り (ホームスパン) されているということです。アンティークファブリックならではの手で紡ぎ織り上げられたからこそ生まれる表情の違いをお楽しみください。

戦後以降に一時期栽培が禁止されたこともありアンティーク市場ではとても希少なシャンブル (英: ヘンプ) 麻や、細くしなやかな繊維で涼しげなリネン麻を、couperinでは主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点