<Shopping Information>

サイズ: W26 × D12 × H2.7cm
状態: 良好。作陶時に混入した小さな不純物がございます、写真をご確認ください。

 


 

1900年代前期、クレイユ エ モントローのモントロー製陶所で作陶されたラヴィエ。

画家のパブロ・ピカソが愛したことでも有名なオクトゴナル皿ですが、通常のプレーンなオクトゴナル皿に対して生産数が少なく希少なラヴィエが入荷しました。

前菜用の用途で作陶されたもの。食卓に並べるときにテーブルのどんな場所に添えても馴染む、奥行き浅い小さめのサイズ感は、少量の料理の盛り付けでも見栄え良く魅せることができるとても便利な器です。

実用性、フランスアンティークならで空気感。
食器棚に1枚この器があるだけで、テーブルコーディネートの幅がぐっと広がると思います。

古い器として割れや欠け等なく良好な状態ですが、作陶時に混入した小さな不純物が見られます。一覧写真3枚目をご確認いただいたうえで、ご注文をお願いします。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点