<Shopping Information>

サイズ: φ10.5 × H8cm
状態: 良好です。古い陶器ならではの風合いがございます、写真をご確認ください。

 


 

程よく古手な雰囲気のクレイユ エ モントローで作陶されたコンフィチュールポット。

潔いフォルムに垣間見えるほんの少しの色気。上質なファイアンス陶器製造という文化的土壌の地平で、遅れてきた産業革命とブルジョワの台頭があった、19世紀フランスならではの艶やかで軽やかな半陶半磁器。フランスアンティークの器としては定番品ですが、何度出会い、何度眺めても、魅力的だなと感じます。花器に、ポプリポットに。食卓でチーズの盛り付け皿に。暮らしの中で多様に活躍してくれます。

因みにデザインの特徴でもある器上部の窪みはコンフィチュールを詰めたポットを紙や布で覆ったときに、紐を縛るためのものです。

作陶は1867年から1876年頃。クレイユ エ モントローの窯の経営を、ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が行っていた時代のものです。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ