<Shopping Information>

サイズ: φ37.5 × W24.5 × H3cm
状態: 良好

 


 

たっぷりサイズのリムオーバル皿。ディゴワン サルグミンヌ、1900年代初期頃の作陶品です (こちらの器には刻印がありませんが、同じリムデザインのものをまとめて買い付けています)。

この時期のディゴワン工場らしい柔らかな白釉からは、優しい印象を受けます。

大きめのオーバル皿というもの自体は、フランスアンティークのなかでは比較的出会うことも多い器ですが、リム部分が狭めで、受け皿部分が湾曲せず平らになっているものというはとても珍しいです。本来はディナー時の料理の盛り付けを想定として作られた皿ですが、デザートを添えるトレーにしていただいても素敵だと思います。

 

> Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ