<Shopping Information>

サイズ: φ26cm
状態: 良好。写真もご確認ください。

 


 

19世紀末から20世紀初頭頃のクレイユ エ モントローのモントローで作陶されたオーバル皿です。

小さめのオーバル皿は奥行きが浅いこともあり、食卓の上で場所を取らず、少量の副菜の盛り付けでもきちんと高さを出して見栄え良くできる優秀な器です。製陶技術がある程度安定した時代の半陶半磁器は、日々の食卓でタフに活用いただきたい「用の器」です。

良好な状態ですが、リム部分に小さなほつがございます。
古物としての美観を損なうものではありません。写真2枚目と3枚目をご確認ください。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥6,500
Stock:1点