<Shopping Information>

サイズ:  φ23 × H2.5cm
状態: 見込み(受け皿)にとリム裏面にほんのりと染みがございます。写真をご確認ください。

 


 

1900年代に北フランス、サンタマン=レゾーの地で作られたリム皿。

サンタマン=レゾーの陶器は、富裕層を顧客に作陶が行われていたフランス陶芸文化の地平にありながらも、すぐ近くのベルギー、或いはその先に位置するオランダの陶器にも通じるような、もう少し大衆的でカジュアルな雰囲気も纏っていて、そのバランス感覚が特徴的だなと思っています。

程よい野暮ったさのなかに上品な佇まいがあります。

ディナー用にぴったりなサイズ感。
少し硬質でタフな半陶半磁器で、実用もいただきやすい1枚だと思います。

こちらの在庫は見込み(受け皿)に一カ所、リム裏面にほんのりと、それぞれ染みがございます。
美観を損なうものではなく、実用いただくのにも全く問題はありません。
一覧写真2枚目、4枚目を確認いただき、ご注文をお願い致します。

 

 

>  Céramique de Saint-Amand-les-Eaux (サンタマン=レゾーの陶器)

Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage & Manufacture du Moulin des Loups-Hamage
サンタマン・オルシ・アマージュ陶磁器 & ムーランデルー・アマージュ製陶場
※1923年以降の企業名

18世紀初頭より北フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏の北部では陶磁器の生産が続けられていました。様々な変遷を経てきたため、作陶の起源である地域の名を取り、総称してサンタマン=レゾーの陶器と呼ばれています。

主要な窯のあった場所は、古くはオルシ、サンタマン=レゾー、ヴァランシエンヌ、そして19世紀末の起業化後にできたヴァンディニー=アマージュです。

現在のアンティーク市場で主に見つけることができるのは、1880年リュネヴィル-サン クレモンの影響を受け、窯を企業化したうえで陶磁器の量産をするようになった19世紀末以降のもの。1923年以降は、サンタマン・オーチー・アマージュ陶磁器 (Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage) の社名で、ムーランデルー製陶所での生産を行いました。「Saint-Amand et Hamage」「Moulin des Loups et Hamage」というような刻印がある器は、同社の作陶品です。

 

販売価格(税別)
¥3,000
Stock:1点