<Shopping Information>

サイズ: φ26 × H2.5cm
状態: 傷、欠けがございます。写真をご確認ください。

 


 

ゆったりとリム幅を取り、レース模様のレリーフがあしらわれたプレート。
薄くクリーム掛かった、佇まい全体に柔らかさのある器です。

パッと見て少し大きさがあるように見えますが、料理を盛り付けたときにリムのデザインがふわりと浮き上がる、実用してこそ良さを感じ取れる器だと思います。

見込み(受け皿)の大きさ的にもディナープレートにぴったりですが、果物を盛り付けたり、あるいはホールケーキを添えたりといった、1枚使いをしていただいても素敵だと思います。

刻印はありませんが、1900年代のバドンヴィレーで作られたデザインです。

一覧写真3枚目、4枚目の通り、チップと削げが1箇所づつございます。
そのため価格を抑えてご紹介しています。

 

 

> Badonviller (バドンヴィレ)

1897年、フランス北東部ロレーヌ地方の町バドンヴィレに、テオフィル・フェナル( Théophile Fenal)という人物により、叔父ニコラスが近郊の町ペクソンヌ (Pexonne)に1828年に立ち上げたファイアンスリーから、分離独立するかたちで開窯。

すぐに300名を超える労働者を雇うまでになり、創業者テオフィルの死後は息子エドゥワルドにより従業員1000名を超える規模まで成長。リュネヴィル、サンクレモン、サルグミンヌ、前述したペクソンヌ等を中心に陶器製造が盛んだったロレーヌ地方で、新興の存在でありながらも、特に1900年代前半に強い存在感を示したファイアンスリーです。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ