menu

Items / Pottery

Creil et Montereau Assiette Dessert Octogonale

 

1900年代前期、クレイユ エ モントローのモントロー製陶所。
ディナーサイズのオクトゴナル皿です。

アンティークのオクトゴナル皿。主だったものとしては19世紀初頭の合併前、単独経営時代のクレイユやモントロー、あるいはシャンティーといった窯で作陶された初期のものと、20世紀初頭頃にクレイユ エ モントローで作陶された復刻のものと2種類がありますが、こちらは後者、食器としての製陶技術がある程度安定した時代の品です。

カジュアルな佇まいに漂うフランスらしいエレガントの気配が魅力です。

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユと、1700年代前半から製陶を続けていたモントローが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユエモントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで作陶が続けられました。

主なマテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)。
パリのブルジョワジーを顧客に、当時のフランス製陶文化を牽引しました。

地図(Click!

(ご売約済)

Related posts