<Shopping Information>

サイズ: φ22cm
状態: 裏面に削げがございます。写真をご確認ください。

 


 

1900年代前期にクレイユ エ モントローのモントロー製陶所で作陶されたオクトゴナル皿です。

画家のパブロ・ピカソが愛したことでも有名なアンティークオクトゴナル皿。主だったものとしては初期オクトゴナルと呼ばれる19世紀初頭の合併前、単独経営時代のクレイユやモントロー、あるいはシャンティーといった窯で作陶されたものと、20世紀初頭頃に復刻されクレイユ エ モントローで作陶されたものの2種類がありますが、こちらは後者の品。

食器としての製陶技術がある程度安定した時代のオクトゴナル皿は、日々の食卓でタフに活用いただきたい「用の器」です。

22cmのサイズ感は、パン、デザート、ディナーと用途に合わせて様々に。ほんのりクリーム掛かった色味がほかの器とも合わせやすい、万能皿です。

器全体に経年による風合いがほんのりとございます。とても良い雰囲気です。

リムの裏面部分に1カ所削げ(ハマグリ)があるため、価格を抑えてご紹介しています。削げは表面から見えるものではありません。詳細写真5枚目をご確認のうえ、ご注文をお願い致します。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥6,000
売切れ