<Shopping Information>

サイズ: 約φ6.5 × H6cm
状態: 良好です。この時代の手吹きガラスらしく、個体差がございます。

 


 

南フランスの小さなアンティークショップの店主にまとめて譲ってもらったミニグラス。

あまり見ることはないカタチですが、恐らくはビストロで使われていたものですね。リキュールや食後酒用のグラス、あるいはアルコールの量が少なくても見栄えが良くなるようにデザインされたバトロングラス(Verre du Patron)として作られたものだと思います。

食卓に高さと動きが出る、気持ちが良い器。

飲み口が広くなっているこのタイプのグラスは、ほんの少しのサイドディッシュを盛り付ける用途にとても便利です。ティータイムにカップ1杯のアイスやソルベを添えるのも素敵だと思います。

持った際に手のひらの中に馴染む程度の重さと、古いガラスの揺らぎもごく魅力的。

ガラスに曇りや傷はほとんど見られず、古物として状態も良好です。

 

 

> 手吹きガラス

フランスでは主に19世紀末頃まで作られていた手吹きガラス。ガラスの成形方法には様々ありますが、この時代の手吹きガラスには、もっとも伝統的な宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で、風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う成形方法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、手作業(手吹き)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった表情があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、どのガラスにも手吹きならではの魅力的な個体差があります。

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまなガラス工房で手吹きのガラスが作られていました。しかしガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房は20世紀初頭に姿を消してしまいました。手吹きのアンティークガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 

販売価格(税別)
¥2,800
Stock:5点