<Shopping Information>

サイズ: φ22.2 × H2.4cm
状態: 良好

 


 

1900年代前期のディゴワン&サルグミンヌ、サルグミンヌ製陶場で作られた、主に施設などの業務用として作陶された地厚の白皿。たくさんは見つけることが難しい皿の1つです。

とろりとした釉薬、発色の良い白色と硬質な陶肌。独特の魅力が感じられます。これ以上ないくらいに丈夫でありながらも、現行品の乗務用皿にはない古物ならではの表情もある器。ぜひ暮らしのなかでタフにお使いいただきたいなと思います。

業務用として使われてきたものですが、割れや欠け等なく、風合いがありながらも良好な状態です。

 

 

> Digoin Sarreguemines  (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌ、或いはサルグミンヌ ディゴワンと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。時代によって異なった器の表情を見せてくれるファイアンスリーです。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点