<Shopping Information>

サイズ: W8 × D13.5 × H17cm
状態: 割れ欠けはなく良好ですが、経年による風合いがございます。下記説明もご確認ください。

 


 

クレイユ エ モントローで1900年代初期頃に作陶されたピシェ。

当時のクレイユ エ モントローで作陶されたピシェのなかでは定番のフォルムの1つ。直線的な持ち手デザインと柔らかな白釉のバランスからは、窯固有の上品な美しさが感じられます。

大きすぎることない程よいサイズ感。口の部分に向かって窄んだデザインは、実用するなら花器にもお勧めです。インテリアとして飾っておくだけでも絵になる存在だと思います。

目立つ傷や欠けはありません。飾った時には見えないものですが底面の部分が染みになっています。また全体的に経年による貫入や、ほんのりとした染みが見られます。写真をご確認ください。

古い白釉陶器ならではの美しい佇まいのある逸品。
ぜひ古物ならではの風合いがお好きな方に、手に取っていただければと思います。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点