<Shopping Information>

サイズ: φ22.5 × W12.5 × H3.5cm
状態: 良好

 


 

経年による控えめで程よい風合いが魅力的なディゴワン サルグミンヌのラヴィエ。こうした器の空気感は計算されて作り上げることはできないからこそ、出会ったときにとても嬉しくなります。

この時期のディゴワン工場らしい柔らかな白釉からは、優しい印象を受けます。

コキーユのラヴィエはフランスの伝統的なモチーフの1つ。深さがあるので盛り付ける素材を選ばず、食卓に置いたときに程よく高さと動きが生まれます。器としても優秀な一品です。

割れや欠け等なく良好な状態です。経年による風合いを写真にてご確認ください。

 

 

> Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥6,500
売切れ