<Shopping Information>

サイズ: φ21cm
状態: 良好です。見込み(受け皿)の中心部分に小さな染みがございます。

 


 

19世紀のフランスの陶器製造におけるモデリングは、複数の窯で同じデザインが見られることもあれば、18世紀以前の伝統デザインの踏襲したうえで窯のエッセンスを少し加えたようなものがあったりと多種多様ですが、この皿は、19世紀半ばのクレイユ エ モントロー固有のデザインとして窯を象徴する器の1つだなと思っています。

1849年から1867年頃。窯の経営を、ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が行っていた時代に作陶された、貴族趣味がありながらも上品で洗練された1枚です。

大きすぎず小さすぎずのミドルサイズは、洋の食卓から、ティータイムの焼き菓子までさまざまにお使いいただけると思います。

割れや欠けはなく良好な状態です。古物としての美観を損なうものではありませんが、見込み(受け皿)の中心部分に小さな染みがございます。一覧写真2枚目をご確認ください。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主に紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥8,500
Stock:1点