<Shopping Information>

サイズ: φ21.3cm
状態: ごく良好です。古い器ならではの風合いを写真にてご確認ください。

 


 

1849年から1867年頃。ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が経営を行っていた時代、合併直後頃のクレイユ エ モントローで作陶をされた、フランスで透かし模様 (ajouré,e) と呼ばれるリム皿。

受け皿に何かを添えたときにふわりと浮かび上がる、広めで優しいリム。
日々の食卓を豊かにしてくれる、フランスならではの魅力的なデザインです。

今回仕入れたものは、古手の表情がありながらもクリーンな佇まいの1枚。
アンティーク陶器ならではの一期一会の経年変化は、出会う喜びを与えてくれますね。

この風合いに心惹かれた方にこそ手をとっていただきたいなと思います。

リムに一箇所、作陶時にできた釉内側の窯傷があります(一覧写真2枚目)。
ヒビや欠けではなく、美観を損なうものでも全くありません。ご安心ください。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

パリのブルジョワを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの空気感を纏った作陶品が多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

窯としてさまざまな変遷を経ていますが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の品や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられる品を主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥7,500
Stock:1点