<Shopping Information>

サイズ: φ18.5 × H1.6cm
状態: 下記説明と写真をご参照ください。

 


 

HBCM (イポリット・ブーランジェ – クレイユ エ モントロー社) で作陶された小ぶりなプレート。

小さなサイズ感は珍しいですね。お店でも定番で紹介をしている1900年代以降の同社のオクトゴナル皿と恐らく同じ製造工程で作られた、ほんのりとクリーム掛かった優しい色味の釉薬が特徴的です。

パン皿からケーキ皿まで、シーンに合わせてお使いいただけばと思います。

一覧写真3枚目の通り、裏面にわずかな欠けがあります。食卓に添えた時に表面から傷は見えません。美観を損なうものではなく、まだまだ問題なく実用いただけるアンティーク皿です。

イポリット・ブーランジェ – クレイユ エ モントロー社はフランスの伝統的な窯元ショワジールロワ(イポリット・ブーランジェは窯の全盛期の経営者名)とクレイユ エ モントローが合併してできた陶磁器会社。器は二社の合併後、1920-50年代頃の作陶品ということが分かります。

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点