menu

Items / Pottery

Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau “Middle Plate”

 

HBCM (イポリット・ブーランジェ – クレイユ エ モントロー社)、モントロー製陶所の作陶品。22.7センチ。ありそうでない中庸なサイズ感のプレートです。

イポリット・ブーランジェ – クレイユ エ モントロー社はフランスの伝統的な窯元ショワジールロワ(イポリット・ブーランジェは窯の全盛期の経営者名)とクレイユ エ モントローが合併してできた陶磁器会社。器は二社の合併後、1920-50年代頃の作陶品ということが分かります。

クープランで定番で紹介をしている1900年代以降の同社のオクトゴナル皿と同じ製造工程で作られた、ほんのりとクリーム掛かった優しい色味の釉薬。シンプルなデザインですが、作陶数はぐっと少ないものと思います。

当時の器としては珍しくリム幅が狭めで、見込み部分がゆったりと作られています。こうしたサイズ感の品をお探しの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

用途は選びませんが、ワンプレートの盛り付けがしやすいというのが嬉しいです。

 

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユ エ モントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

マテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)が主。

パリのブルジョワジーを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの気配、空気感を纏ったものが多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

クープランでは、骨董品ならではの儚さとフランスらしい装飾性が同居したクレイユエモントローの作陶品を探し選び、ご紹介しています。

 

(ご売約済)

Related posts