<Shopping Information>

サイズ: W28 × D26.2 × H10.7cm
状態: 良好

 


 

1900年代前期にクレイユ エ モントローで作陶されたたっぷりとした大きさのサラディエ。

透明感のある上品で優しいクリーム色が印象的ですね。couperinでも定番にしているオクトゴナル皿と同シリーズのサラディエで、20世紀初頭頃にクレイユ エ モントローで作陶されたものです。

八角形をモチーフとして作り上げられたカタチこそが生む美しい陰影をお楽しみください。

大人数の食卓で本来の用途であるサラダの盛り付けにお使いいただくのはもちろん、果物を添えていただくのにもぴったりのサイズです。

ほとんど使用感の見られない良好な状態のアンティークです。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点