menu

Items / Pottery

Creil “Octogonal Plate 28.2cm”

 

<Shopping Information>

サイズ: 約W28.2 (最長辺30.2) × H2.8cm
状態: 美観を損なわない程度の釉削げがございます。下記説明と写真をご確認ください。

 


 

指で弾いたときに鳴るカーンという金属音が心地よい。

1800年代前期にクレイユ窯で作陶された、錫施釉の美しいファイアンス陶器。
初期オクトゴナルの大皿の紹介です。

限られた貴族や有産階級を顧客に作陶されていたこの時代のクレイユ窯ならではの、吸い込まれるような美しさと気品。

1789年に起きた市民革命を経た1800年代のフランスでは、クレイユを含むさまざまな陶器窯が、イギリスに遅れるかたちやってきた産業革命の波のなかで、窯の合併や、陶器の量産体制化を行っていきますが、こちらの器はそうした時代に入る直前、ごく少数の富裕層を顧客として想定して作陶していた時代の技術を用いた、フランスでは「ファイアンス フィーヌ = 上質陶器」と呼ばれる逸品です。

写真の通り約200年の時を経てきたことを感じさせる風合いがございます。

割れやヒビはありませんが、リムに何箇所が釉削げがございます。素地と釉薬の質感や色味が近いため、素材が同化しており、総じて骨董品として美観を損なうものではありません。詳細は一覧写真6-10枚目をご確認ください。

ぜひ古手の雰囲気がお好きな方に手にとっていただきた1枚です。

 

 

> Creil (クレイユ)

当世1797年、パリの北に位置する郊外の街クレイユに、アイルランド出身のパリの実業家ロバート・ブライ オライリー (Robert Bray O’Reilly) なる人物が、クリスタルのガラス製造から事業の変更をするかたちで開窯したファイアンスリー(ファイアンス陶器窯)。窯は、19世紀半ばにはファイアンスリー モントローと合併しクレイユ エ モントローとなる等さまざまな変遷を経ながらも、19世紀末まで街の一大産業として栄えました。

クレイユとしての作陶は、1819年にクレイユ製陶所の所有者だった人物が買収したモントロー製陶所と合併をしクレイユ エ モントローとなる1800年代半ばまでです。

単独窯としての作陶品からは、貴族や有産階級を中心としたごく限られた人々を顧客としていた時代性もあり、ファイアンスフィーヌ = 上質陶器と呼ばれる器を主に、当代にしかない気品や色気を強く感じることができます。

 

販売価格(税別)
¥15,000
Stock:1点