menu

Items / Pottery

Creil “Faience fine Ravier”

 

1800年代初期、合併前の初期クレイユで作陶された舟形のラヴィエ。

ファイアンスフィーヌ作陶全盛期ならではの静謐な美しさを纏った実直な白釉器です。

このカタチのラヴィエは当時の資料等で目にすることの多さからも初期クレイユの象徴的なデザインの1つだと個人的にも思っていますが、作陶数はごく僅かで、また合併後のクレイユエモントローでは (知る限りでは) 生産されていないため、非常に希少な存在です。

エクス・アン・プロヴァンスの有名な郷土菓子カリソンを彷彿とさせるフォルム。

熟練の職人による生み出された軽やかで繊細な装い、エッジの立った美しい輪郭。当時のクレイユ窯の魅力が、最良のカタチが表現された一品だと思います。

貴族やブルジョワといった限られた階級の人々を顧客に作陶されていた時代のファイアンスフィーヌ。
吸い込まれるような気品をぜひ感じてみてください。

経年による風合い、角に一箇所ごく僅かな削げ(一覧写真5枚目)がございますが、美観を損なうものではありません。骨董品としての美しさに心惹かれる型にこそ、手にとっていただきたい器です。

 

 

Faience Fine (ファイアンスフィーヌ)

ファイアンス フィーヌ(仏: Faience Fine)。
それは1800年前後のフランス陶器を語る際には、ごく大切な一語です。

ファイアンスとは淡黄色の土の上に錫釉をかけ完成させる焼き物のことで
近世以降のフランスの主だった陶器製造法はこの「ファイアンス焼き」でした。

そんなフランスに、1700年代半ば、当時ウェッジウッドを筆頭に陶器製造の最先端国だった英国の「クリームウェア(クイーンズウェア)」が流入し、貴族の羨望の的となりました。

ですがブルボン王室によりその製造技法は特定の窯のみの特権とされ、また国内で採取できる陶土の違いもあり、英国式陶器をフランス各地で作陶することは困難だったそうです。経営者や陶工たちはそうした環境化、1789年以降のフランス革命という激動をも乗り越え、伝統的なファイアンス焼きと英国クリームウェアの狭間での技術開発を続け、貴族や有産階級の人々の心を満たす、フランスならではの美しい陶器を作り出しました。

きめ細やかで品のある陶肌と、指で弾いた時の耳心地良い響き。
白、あるいは象牙色を素地にして、透明な錫釉を施し低温焼成した繊細で軽やかな上質陶器。

それがフランス独自の「ファイアンスフィーヌ」です。

国王による保護が行われた純英国式上質陶器から、クレイユやモントローで作陶されたテールドピップ、或いはテール ド ロレーヌ、ビスキュイ等、細かくはさらに詳細な作陶技法に分類されます。

ですが時流の変化は世の常。大量生産には向いていなく、繊細な器であったファイアンスフィーヌは、革命を経て市民社会の台頭がより顕著になり、英国から遅れるかたちでやってきた産業化の波の中で、1830年代以降は、徐々に量産向きの半陶半磁器(≒テールドフェール)に取って代わられることになりました。

ファイアンスフィーヌ。それは当時のフランス人が苦心の末に生み出し、ごく僅かな期間にだけ少数生産された、儚げな骨董品です。

 

Creil (クレイユ)

1797年、パリの北に位置する郊外の街クレイユに、アイルランド出身のパリの実業家ロバート・ブライ・オライリー (Robert Bray O’Reilly) なる人物が、クリスタルのガラス製造から事業の変更をするかたちで開窯した陶器窯。1802年、隣町の製陶所シャンティーのディレクターであったジャック・バグナルが、能力の高い労働者や職人を引き連れて転籍し、英国風上質陶器の作陶を開始したことで、クレイユは急速に発展していきました。

18世紀末から19世紀初期にかけて、フランスで独自発展した英国風上質陶器は「ファイアンスフィーヌ」と後世に呼ばれることになりますが、当時のファイアンスフィーヌ作陶において中核をなした窯です。

※単独のクレイユとしての作陶品は1800年代半ば頃まで存在します。1819年にクレイユの所有者が製陶所モントローを買収、やがて2つの窯は完全に合併をしクレイユエモントロー社となります。クレイユエモントロー社は、ファイアンスフィーヌから、より量産の可能なテールドフェールの作陶へとシフトし、引き続き19世紀末まで、フランスの陶磁器生産における中核をなしていきます。

地図(Click!

 

 

 

(ご売約済)

Related posts