<Shopping Information>

サイズ: φ19.5cm
状態: 割れ欠けはなく良好です。経年による貫入と風合いを写真にてご確認ください。

 


 

1900年代前後のフランス、リュネヴィル。
透かし模様 (フランス語: ajouré,e) と呼ばれるリムデザインのデザート皿です。

薄手の作りと艶感ある純白の釉薬、当世のリュネヴィルらしい実直で上品な作り1枚です。

ティータイムで活躍する小ぶりなサイズ感が嬉しいですね。フランスアンティークならではの器としてファンも多い定番の透し模様の器ですが、たくさんは見つからないため、何度出会っても嬉しい気持ちになります。

使用感は見られない良好な状態です。
受け皿部分にほんのりと貫入がございますので、写真にてご確認ください。

 

 

> Luneville (リュネヴィユ)

1728年にジャック・シャンブレットがフランスのロレーヌ地方で開窯し、その後経営権の移譲や合併など様々な変遷を経ながらも、1981年まで生産が続けられたファイアンスリー(ファイアンス陶器窯)。リュネヴィルとしての生産がもっとも盛り上がったのは1900年代。ヨーロッパでも屈指の陶器会社として、多くの陶磁器が生産されました。

1758年に同じ経営者のもとで作られたサン クレモン (St Clement) の製陶所と併せて、リュネヴィル-サンクレモンとも呼ばれます。

 

faiencerie_de_lunnville

 

 

 

 

 

 

1892年撮影のリュネヴィル製陶所

 

couperinで主に紹介をしているのは19世紀〜20世紀初頭のリュネヴィル。

リュネヴィルは創業者のシャンブレットの亡くなった後に、事業を引き継いだケラー家とゲラン家による一族運営が経営拡大をするかたちで1892年に法人化しケラー-ゲラン社 (Keller-Guerin)となりますが、その時代以降に作陶された器が中心です。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点