menu

Items / Pottery

Creil et Montereau “Octogonal Compotier”

 

1900年代前期にクレイユ エ モントローで作陶された小さめのコンポティエ。

透明感のある上品で優しいクリーム色が印象的ですね。クープランでも定番にしているオクトゴナル皿と同シリーズのコンポティエで、20世紀初頭頃にクレイユ エ モントローのモントロー製陶所で作らされたものです。

窯の顧客がパリを中心とした裕福なブルジョワ層だったということを、こうした器を眺めていると強く実感します。さらりとフルーツを添えていただいたり、或いはアクセサリーを飾るインテリアにしていただいても素敵だと思います。

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユ エ モントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

マテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)が主。

パリのブルジョワジーを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの気配、空気感を纏ったものが多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

クープランでは、骨董品ならではの儚さとフランスらしい装飾性が同居したクレイユエモントローの作陶品を探し選び、ご紹介しています。

(ご売約済)

Related posts