17281_1

<Shopping Information>

サイズ: φ21.5cm
状態: 良好

 


 

ほんのりとしたツヤ感とどこか遊び心を感じるデザインが魅力的なリム皿を見つけました。

フランスアンティークならではの透し模様。広めなリムに対して、14.5cm程と受け皿部分は比較的狭くなっているので、料理を盛り付けたときにリムが浮き上がって映えてくれると思います。

ほぼ使用感の見られないとても良い状態です。

 

作陶したのは19世紀にフランス東部、スイスの国境にも近いブザンソンの街に存在したファイアンスリー。ブザンソンというと小沢征爾が指揮者コンクールで優勝した音楽祭が思い浮かびますが、陶磁器の作陶された土地としては初めて耳にしました。

手許の資料を調べてみたところ、1823年に開窯し、1844年に約50名の職人が働いていたという記述を見つけたので、恐らく小〜中規模程のファイアンスリー。時代は陶質的は1800年代半ば〜後期頃でしょうか。作陶数の少ないとても珍しい品だと思います。

 

17281_5

 

> Allioud Bsançon (アリゥード・ブザンソン)

1823年に轆轤職人のフランソワ・アリゥードとジャン-ルイ・アリゥード、経営者のフランソワ・クレモンの3名がブザンソンにある陶器工場を買い取って始めたファイアンスリー (ファイアンス陶器窯)。手彩色によるファイアンスフィーヌ (上質陶器) の製造を当時の貴族や新興ブルジョワジーに向けて行いました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点