menu

Items / Pottery

Longwy 1830-60’s “Panier Plate”

 

<Shopping Information>

サイズ:  φ20cm
状態: 僅かにヒビがございます。下記説明と写真をご確認ください。

 


 

フランス、ロンウィー。
窯としての作陶数がまだまだ多くはなかった1830半ば〜60年代前期頃の品。

指で弾いたときに美しい金属音を鳴らすファイアンス陶器。

凛とした佇まいと涼しげな白釉。フランスアンティークのアイコン的な存在の1つでもある透かし模様 (フランス語: ajouré,e) と呼ばれるリムデザインの可憐で繊細なデザート皿です。ここまで古い作りの品は特に希少です。ごく繊細な手仕事による鋳型が生み出す彫りの深いレリーフ、その彫刻性はこの時代の作陶品こそが持っているものではないでしょうか。

当代のフランスアンティーク皿の魅力が詰まった1枚だと思います。

 

 

下記スライドショーの通り、ごく僅かなヒビがございます。そのため価格を少しだけ抑えて紹介しています。薄いヘアラインのような傷のため、パッと見ではほとんど見立たず、また通常使用でここから広がっていくようなこともないかと思います。

美観を損なうものでもありませんので、安心して普段使いいただければと思います。

 

 

> Longwy (ロンウィー)

現在は、主にロンウィー エナメル (Emaux de Longwy) と呼ばれるエナメル陶器 (七宝焼き) の生産で有名な陶器工場。

1798年、ロレーヌ地方、ベルギーとルクセンブルクの国境付近、ドイツにも程近い町ロンウィーで、シャルル・レニエ (Charles Régnier) なる人物が、古い修道院の中に作陶工場を作ったのが窯の起源です。ロレーヌ地方は、リュネヴィルやサルグミンヌ等、フランスのアンティーク市場で現在も知られている複数の窯元がかつて存在し、陶磁器文化が盛んだったことでも知られている場所です。

開窯初期の1810年代には、ナポレオン戦争化でプロイセン(ドイツ軍)による市内包囲があり工場が活動停止するなど、経済的には困窮しますが、レニエがジャン=アントワーヌ・ド・ノトームなる人物に窯を売却して以後は、一族による経営を続けながら、1800年代半ばのエナメル陶器の商業的な成功や、1900年代初期のアールデコ陶器の生産等も経て、現在まで陶器の生産を続けています。

couperinで定番で取り扱っているという窯ではありませんが、ロンウィーならではの、可愛らしさがありながらも、現在の暮らしに取り入れやすいシンプルな器が見つけられたときに仕入れ、紹介をしています。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts