menu

Items / Pottery

Creil et Montereau “Cup & Saucer”

 

<Shopping Information>

サイズ: cup W6.4 × D8.5 × H7.2cm / saucer W15 × D14.2cm
状態: 経年による風合い、小さなチップがカップ、ソーサーそれぞれに1箇所ございます

 


 

1900年代前期、クレイユ エ モントローのコーヒーカップ&ソーサー。

クープランでも定番にしているオクトゴナル皿と同シリーズの器で、20世紀初頭頃にクレイユ エ モントロー社内のモントロー製陶所で作らされたものです。窯の顧客がパリに住む中産階級の人々だったということを、こうした器のモデリングを眺めていると強く実感しますね。

柔らかな乳白色の釉薬と、貫入と風合いの混じり合った古物としての慈悲深さ。ブルジョワ的佇まいが程よく抑えられた、ニュートラルな一品だと思います。

多すぎず少なすぎず。程よい量を注ぎ入れられる、日々を少しだけ特別にしてくれる器です。

カップ、ソーサーのそれぞれに小さなチップが1箇所ずつございます。全体の美観を損なうものではありませんが、ページ下部のスライドショーにて詳細写真をご確認のうえご注文をお願い致します。

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

パリのブルジョワを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの空気感を纏った作陶品が多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

窯としてさまざまな変遷を経ていますが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の品や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられる品を主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥12,500
売り切れ

Related posts