menu

Items / Silverware

Silver Plate “Baguette Fromage Knife”

 

<Shopping Information>

サイズ: 21cm
状態: 古道具としての経年による使用感を写真にてご確認ください。銀は磨いてお届けいたします。

 


 

シルバープレートハンドル、ステンレス鋼ブレードのフロマージュナイフ。

推定1900年代初期頃。古い作りのナイフは、ステンレスの腐食や溶接部分の糊(ニワカ)の劣化が起きてしまっていることが多いですが、使い込まれた経年による風合いがありながらも、まだまだ現役でお使いいただける良好な状態。

古道具的佇まいが魅力的な一品と思います。

当時の持ち主のことそ想像させてくれるハンドルのイニシャルも、華美になることなく上品で素敵ですね。

クープランでも定番で紹介をしている、フランスで古くから伝統的に親しまれてきた、バゲット (Baguette) のモデル名で呼ばれるハンドルデザイン (ナイフにはフォーク、スプーンとは異なり中心線はありません)。無駄のないシンプルな意匠は、使うシーンを選ばないと思います。

 

 

ステンレス刃には多少の使用感がございます。
下記写真をご確認ください。

状態の良いものからお届け致します。
個体のお選びはいただけないこと、ご了承いただけますと幸いです。

写真よりも状態が酷いものはございません。
美観を損なう程のものではありませんので、ご安心ください。

 

 

Silver Plate Cutlery (シルバープレートカトラリー)

シルバープレートとは産業革命の波を受けて、18世紀から19世紀にかけて発展した、真鍮や洋白 (ニッケルシルバー) 等の下地を銀で覆った素材のことです。

美しい輝き、優しい肌触り、食器やグラスに触れたときの綺麗な響き。純銀に比べると暮らしにも取り入れやすく、ヨーロッパの家庭やレストラン、ホテル等さまざまなシーンでも広く使われてきたシルバープレートカトラリーは、食卓の品位を気軽にぐっとあげてくれる存在です。

 

シルバープレートの普段の使い方とお手入れ方法

銀食器は使っていると空気に触れて色がくすんでいきます。

・洗ったあとはできるかぎりすぐに拭いてあげてください。
・毎日と言わずとも定期的に使ってあげることが大切です。

黒ずみが気になるときはお鍋に熱いお湯を張り、アルミホイルと重曹を入れカトラリーを浸しください。銀が輝きを取り戻します。またこの方法であれば、銀食器の量が増えても、手間が増えずにお手入れいただけると思います。

説明をすると面倒な素材に聞こえますが、想像よりずっと気軽に使える素材です。ぜひ暮らしのなかで程よく気をかけてあげながら、シルバープレートカトラリーと付き合ってみてください。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts