menu

Items / Pottery

Creil et Montereau “Octogonal Mini Pichet”

 

<Shopping Information>

サイズ: W12.5 × D8 × H11cm
状態: 全体としてごく良好です。僅かな傷を下記説明と写真にてご確認ください。

 


 

1900年代前期にクレイユ エ モントローで作陶された小ぶりなピシェ。

透明感のある上品で優しいクリーム色が印象的ですね。窯の顧客がパリに住む裕福なブルジョワ層だったということを、こうした器を眺めていると強く実感します。

クープランでも定番にしているオクトゴナル皿と同シリーズのピシェで、20世紀初頭頃にクレイユエモントローのモントロー製陶所で作らされたもの。古物において、フラットウェア(皿類)に比べるとサービスウェアは個体数が少ないユニークピース。こちらのピシェも現地で見つけることが難しい器の1つです。お探しだった方、よろしければこの機会に。

ミルクピシェとしては比較的容量が注げる作り。大人数の食卓で本来の用途通りにお使いいただくことは勿論ですが、個人的には1人用のコーヒーピシェにも良いなと感じています。

全体として使用感の見られない良好な状態ですが、本体上部にパッと見では気づけないくらいの小さな欠けがございます。下記スライド写真4枚目をご確認ください。美観を損なうものでは全くありませんのでご安心ください。

 

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

パリのブルジョワを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの空気感を纏った作陶品が多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

窯としてさまざまな変遷を経ていますが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の品や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられる品を主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts