menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines “Pichet 23cm”

 

<Shopping Information>

サイズ: W15 × D13 × H19.5cm
状態: 良好です。

 


 

1900年前後、ディゴワンで作陶されたピシェ(水差し)の紹介です。

当時の作陶された白釉のピシェのなかでは定番のフォルムの1つ。直線的なフォルム、ハンドルデザインの端正さとディゴワンらしい施釉の柔らかさの程よいバランス。

大きすぎることない程よいサイズ感と口の部分に向かって窄んだデザインは花器としての実用いただくのも素敵だと思います。インテリアとして飾っておくだけでも絵になる存在ですね。

 

 

目立つ傷や欠けはありません。長く実用されてきたことを想起させる、古い器としての風合いがございます。また注ぎ口部分に、欠けにはなっていないヘアラインがございます。美観を損なうものではありません、下記写真をご確認ください。

 

 

> Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts