menu

Items / Pottery

Faiencerie d’Apt “Pot à graisse”

 

<Shopping Information>

サイズ: φ12 × H10.5cm
状態: 古陶としての魅力こそを感じていただきたい器です。写真にて風合いをご確認ください。

 


 

希少なアプト焼きの食用保存器の紹介です。

アプト焼き固有の美質でもある上品な黄釉と刻み込まれた生活古陶器としての風合い。彩りは、静かにそっと空間に溶け込みます。背面にはボネ・デュ・ポン (Bonnet du Pont) の刻印。1800年代半ばの作陶品であることがわかります。

調味料類の保存に使っていただくことはもちろんですが、個人的には食器使いもおすすめです。纏う風合いは、何より料理を引き立ててくれます。温度管理の必要な前菜を少量添えて、食卓で蓋を開けて。そんな一景を想像します。

 

 

リュベロンの一部地域でのみ僅かに作陶された上質民芸陶器、アプト焼き。

パリ近郊は元より、南フランスですら見かけることが稀で、個体数は決して多くありません。今回仕入れた保存器は、アプト焼きの資料本にも色違いの個体の記載があります。まさに博物館ピースですね。南フランスに携わる古物商として、こうした器の紹介ができることを幸せに感じます。

 

 

Faience d’Apt (アプト焼き)

南仏プロヴァンス、リュベロン地方の街アプトでは古くから陶器製造が続けられてきました。

18世紀初頭、セザール・ムーラン (César Moulin) がアプトに隣接する小さな村、カステレで最初の陶器工房を開窯。18世紀代半ば頃には、セザールの息子のうち1人が引き続きカステレで作陶を続け、残り2人はアプトに拠点を移し新たな陶器工房を開窯。それらの工房を基盤に、その後も複数の陶工や経営者により多様な作陶が行われ続けました。時代、工房によってもさまざまな表情を見せてくれる上質民芸陶器です。

当時の主な顧客は南フランスの地方貴族やブルジョワ。特に品のある黄釉は、南仏古陶のなかでもアプト焼きこそが持つ固有の美質として知られています。

 

販売価格(税別)
¥14,000
out of stock

Related posts