menu

Glassware / Items

19th Century “Petit Glass Compotier”

 

<Shopping Information>

サイズ: 約φ13.7 × H8.9cm
状態: 割れ欠けはありません。ガラス底・側面の掠れを写真にてご確認ください。

 


 

1800年代半ば頃、手吹きガラスで作られたステム付きのコンポティエ。

職人が技術の粋を尽くし吹き上げた柔らかな曲線の美しいフォルム。
宙吹き成形の古いガラスが纏う不安定な色気。

現地フランスでも高値で取引される希少な器です。

キャビアやパット・ド。フリュイ、グラススイーツを添えて。

高さがある器は食卓にリズムを与えてくれる存在ですね。華美になり過ぎず、それでいて動きが感じられるフォルムは、装飾品として空間に心地よく馴染んでくれます。

割れ欠けはありません。ガラス底面、側面の掠れをページ下部のスライドショー写真2、3枚目にてご確認ください。実用における美観を損なうものではありません。まだまだ現役でお使いいただきたい素敵なガラス器だと思います。

 

 

手吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で、風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。

20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts