menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines “Tea Cup & Saucer”

 

<Shopping Information>

サイズ: Cup W10 × D8 × H4.2cm / Saucer φ12.5cm
状態: 割れや欠けはなく良好な状態です。下記説明もご確認ください。

 


 

ディゴワン・サルグミンヌ、1900年前後頃。
半陶半磁、テールドフェール素材のティーカップの紹介です。

コーヒー文化のフランスにおいてアンティークティーカップはとても希少です。
渋いながらもとても嬉しい仕入れでした。

ソーサーとカップの縁口部分に配されたモノグラム装飾。
全体が白釉でシンプルにデザインされているなか、素敵なアクセントになっています。

注げる量感は小ぶりながらも十分。足るを知る。そんなサイズ感だと感じます。

この時代のフランスの白釉器ならではの柔らかで素朴な佇まい。穏やかな昼下がり、焼き菓子の横に添えて、滋養深い味わいの紅茶を。そんな一コマを想像させてくれます。

 

 

割れや欠けはなく、古い陶器としてはとても良好な状態ですが、在庫4点のうち、1点のソーサー、モノグラム装飾部分に沁みがございます。ラスト1点をご購入の方には、当該個体をお届けさせていただきます。

ページ下部、スライドショー4枚目も併せてご確認ください。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥6,500
Stock:2点

Related posts