menu

Curiosité / Items

19th Century “Provence Quilt”

 

<Shopping Information>

サイズ: 約W172 × W172cm

 


 

在りし日の手仕事。19世紀、美しい純白の南仏キルトの紹介です。

キルティングのふくよかな繊細さと、当時の生活の気配を感じるくったりとした風合い。布肌のきめ細やかさ。何より微に入り細に穿った縫製の見惚れる美しさ。触れ、眺め、その上質さに感嘆させられる素晴らしい一品です。

プロヴァンスやラングドックの女性たちは、シンプルでいて気が遠くなるようなキルト縫製を通して、心の平穏を整え、品位を高め、淑女としての佇まいを身につけたそうです。また純白のキルトは、かのマリーアントワネットが、自然回帰嗜好のなかで愛したことでも知られています。

南フランスの伝統であり、アイデンティティとすら呼べる美しい手仕事、その最良のカタチ。ここまでの美しい純白キルトを紹介できることを、当地に携わる古物商として幸せに思います。

縫製のほつれ等はなく状態はごく良好です。
サイズに比して、作りは薄手で軽やか。実用性も申し分ありません。

心惹かれた方、いらっしゃいましたら。

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts