menu

Items / Pottery

Rouen XVIIIe siècle “Pichet huile et vinaigre”

 

<Shopping Information>

サイズ: 約W8.5 D7 H11cm

 


 

北フランスの古都ファエンツァに起源にもち、ヨーロッパ各地で独自の発展を遂げていったファイアンス焼き (錫釉陶器)。著名な産地としては、かのオランダのデルフトが有名ですが、フランスにおいて、最初期(16世紀ごろ)にファイアンス焼き作陶が発展したのが、ノルマンディー地方、セーヌ川の河川港でも知られる古都ルーアンでした。

フランスの古窯ルーアンで18世紀に作陶されたオイル&ビネガーピシェ。

本来は対になり受け皿もついていた器ですが、ピシェ単品での紹介です。

彩度控えめに手彩で描かれた牧歌的なデコレーション。かつての陶工のパーソナリティへ想い馳せます。古いルーアン焼きの美質でもある、品のある青灰色の施釉。古典絵画のモチーフとしても出てきそうな、楚々とした佇まいの美しいピシェだと想います。

装飾品として添えておくだけで絵になります。一輪挿しにしていただいても素敵ですね。

美観を損なうものではありませんが、注ぎ口に小さなヘアラインがございます(スライドショー2、4枚目)。ご確認のうえ注文くださいませ。

 

販売価格(税別)
¥8,000
Stock:1点

Related posts