menu

Glassware / Items

Bocal d’apothicaire en verre

 

1800年代半ば頃。フランスのハーブ薬局(エルボリストリー)で使われていた、宙吹き成形によるガラスポットです。

古ガラスの歪み、揺らぎ。不安定さが色気を生みます。フランスのアンティークガラスプロダクトらしいクラシックな装飾性を纏いつつ、全体のプロポーションには無駄がありません。とても美しい佇まいです。

さらりと吹き上げられた様相を呈していますが、その凝った造形を吹き上げることは、例えばドリンクグラスと比べても、数倍難度が高かったに違いありません。アンティークマーケットにおける個体数の少なさも、それを物語っています。かつてのガラス職人の経験と勘に基づいた技術の粋を感じる一品です。

蓋付きの保存器。実用性も兼ね備えていることが嬉しいですね。

比較的小ぶりな個体なので、使い勝手も軽やかだと思います。ハーブや乾物の保存、あるいはボンボニエール(砂糖菓子の保存器)にしていただいても素敵です。暮らしに合わせて自由に活用いただけたらと思います。

ニュートラルな佇まいは、室内装飾品として空間にも心地よく溶け込みます。

割れや欠け、ガラスの曇り等なくごく良好な状態ですが、底部分にのみ擦れがございます。実用の際には目につかず、気になるものではありません。ページ下部、スライド写真7枚目を併せてご確認ください。

 

 

手吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で、風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。

20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 

 


 

<Shopping Information>

サイズ: 約φ13 × H24cm / 本体 Φ12 × H17cm
状態: 全体として良好な状態です。底面部分の擦れを写真にてご確認ください。

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts