menu

Items / Pottery

Varages “Lim Oval Plate”

 

19世紀初期南フランス。

ヴァラージュの名窯ベルトランの工房で作陶された深型のオーバル皿。

可憐でいて端正な、ルイセーズ様式を踏襲した装飾がリムに配されながら、釉のガラス質は控えめで、器全体は土物らしい牧歌的で素朴な気配に覆われています。

宮廷文化と民衆文化の均衡し共存した一品。細やかに剥がれた釉も好印象です。

硬質で重たさを比較的感じます。ムスティエ、ヴァラージュには多様な作陶感の器が存在しますが、珍しい焼成具合です。各々の個性。南仏白釉器の奥深さを感じます。

風格がありながらも、佇まいニュートラル。食卓に心地よく溶け込む軽やかさがあります。幅32センチは、食卓の主役になる、いいサイズですね。例えば冬野菜をお出汁と共に添えて。手軽な一品も絵にしてくれる、使い勝手よき古陶器です。

 

 


 

<Information>

サイズ: 約W32 × 23.2 × H4.5cm

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts