menu

Items / Pottery

Moustiers Varages “Plat en Faience Blanche”

 

もっとも使い勝手の軽やかなサイズ感ですね。
18世紀南フランス、ムスティエ・ヴァラージュの白釉ファイアンス皿の紹介です。

ほんのりと甘さを含んだ優しいリム。クラシックな風格がありながらも風通しがよく健やかな佇まい。南フランスならではの良質な西洋古民芸です。

所謂、料理が個々人毎に供されるようになるより昔、大テーブルの中心に盛り付け供されていた時代の器は、当時の食文化を反映し、中庸サイズの皿の希少性がより高いです。

 

 

ルイ14世、15世治世期の王侯貴族に愛好されたことでも知られるムスティエ (Moustiers)、あるいは近郊の村ヴァラージュ (Varages) を主に、フランス中心部とは異なる独自の道を歩んできた南フランスの陶芸文化。

17世紀以降に宮廷食器をモチーフとして作られるようになったエレガントなモデリング。厚めに塗られた鈍く美しい錫施釉による大らかさと品格の高さが同居した佇まい。財政難により減産された銀・金食器に代わり当代の貴族たちにも愛された、南フランスならではの卓上芸術品からは、歴史ある古物としての何にも代え難い魅力を感じます。

 

 


 

<Item Information>

サイズ: 約φ21.7cm
状態: 見込み中心部分にヘアラインがありますが、ヒビにはなっていなく実用には問題はありません。

 

販売価格(税別)
¥12,000
Stock:1点

Related posts