menu

Glassware / Items

1960’s Baccarat “Verre à Vin”

 

実用性とマテリアルとしての古ガラスの気配が最良のカタチで同居した一品ではないでしょうか。

今のクープランにとって基本となるデイリーなワイングラスは何かと質問されたら、この器が真っ先に思い浮かびます。1960年代-70年代初期、バカラ。モデル・オーブリオン。

「ボール型のカップ形状はワインの香りが立ち、美味しさも際立つ」という事実が発見されたのは1950年代。そのため、それより時代の上ったワイングラスは、工芸品として鑑賞性高く趣きを愉しめながらも、実用性の面ではどうしても難が出てしまうことが多いです。現代の暮らしにおいて日常的に用いられながらも、アンティークで探すと見つけることが困難な器の最たるものが、ワイングラスだと感じています。

オーブリオンは1920年代にモデリングされ、当時はマイナーな存在でしたが、50年代以降、カップ形状の秀逸さにより再発見されたデザインです。

今回の紹介は、60年代前後頃の成形品。アンティークバカラというよりは、正確に言えばヴィンテージバカラになりますが、工芸と工業の狭間、職人による成形過程とプロダクトデザインの美しい均衡の妙、とでも言うのでしょうか。当代最先端のワイングラスの形状が、熟練した職人によるごく自然なマウルブローで美しく吹き上げられています。大量生産品が既に跋扈していた時代において、バカラ社が未だ伝統と革新を追い続け、かつそれを実現していたことを、作りの良質さは伝えてくれます。

難度が高いとはいえ、プロダクト品のため、追加仕入れと再紹介の可能性を残していることも、クープランにおける『基本となるワイングラス』と形容したい所以です。

因みにオーブリオンのワイングラスは70年代半ば以降、現行品まで作りが存在しますが、ガラスの質が現代的になり量産品としての気配もかなり強くなってしまうため、それらは個人的に手が伸びません。60年代前後頃という時代こそがいいのです。

高さ約15.3センチ。フォーマルさとカジュアルさを兼ね備えた、同モデルのなかでも最もプレーンなサイズだと思います。注げるワイン量もちょうど良く、普段使いにぴったりです。

アンティーク好きのワイン好きに自信を持ってお薦めしたい一品。目に留まった方、いらっしゃいましたら。

 

 

50-70年代初期バカラについての雑感

オールドバカラ、そんなふうにひと括りに記号化されることも多いですが、実際には年代ごとに各々の美質や纏う気配があります。

50-70年代初期頃のバカラ。量産と流通(加えてコンプライアンス強化)という世界的な潮流が同社にも押し寄せ、作りの簡略化が少しづつ行われていたことが個々のプロダクトを見ると感じる時代でもあるのですが、そうしたなかでモダンデザインの流れを汲んだ無加飾のバカラテーブルウェアについてだけは、個人的にごく心惹かれます。

工芸と工業の狭間。職人による成形過程とプロダクトデザインの美しい均衡。

白眉はモダンデザインの潮流が成熟期を迎えたなかで生み出された(あるいは再発見された)プロダクトの、美しくアノニマスな佇まいです。またリーデルによるエッグ型カップの発見や極薄なガラス成形技術の発展が、味、香りといった飲料各々の個性を引き出すための、より機能的なグラス設計へと繋がっており、道具としても秀逸なものが多いです。

それでいてそうした一切の表層を支えるバカラ職人の熟練仕事も、深部に未だ当たり前のようにして在り続けています。ディテールに宿る気配、気高くも自然な精神に尊さを感じます。

60年代後半以降になると、バカラガラスの質はガラリと変わり、工業製品的な様相もより強くなります。全ての情報が、自分の知る限りは表側に出てきていないため、推測も含みますが、含有原料の変更や成形手法の転換があったことは間違いないと思います(これには近現代化に伴うやむを得ない事情もあります)。

ごく繊細でいて、確かな差異。ほんの20年前後、過渡期的浮遊感を纏い、食空間で凛とニュートラルに佇むオールドバカラ。クープランなりに見つめ掬いとる、100年前のアンティークバカラとも、現行バカラとも異なる美質。左様な見方をする人を他には知らないけれど、その魅力を共感いただけたら嬉しいなと思っています。

 

 

Baccarat (バカラ)

世界で最も名高いクリスタルガラスのラグジュアリーブランドとして知られるバカラ。

その歴史の始まりは、1764年、フランス王ルイ15世に認可され、ロレーヌ地方のバカラ村に設立されたガラス工房です。1816年、現在でもバカラと並んで称されるクリスタルガラスのブランド、サンルイとの一時的な合併時に技法を学び、最初のクリスタルガラスを工房にて製造。その後、1800年代半ばまでは合併、或いは流通提携を続けますが、1860年「バカラ」として正式に商標登録。現在までその歴史が続いていくこととなります。

デザイン、モデリング、ホットワーク(ガラスの吹き上げ作業)、コールドワーク(カッティング、装飾作業)。あらゆる工程に、超一級の職人の仕事が介在した惚れ惚れする程に素晴らしい作りの工芸品。

クープランでは、そんなアンティークバカラの中から、美しくも現代的な風通しの良さが感じられる、上品な絢爛さを纏った品を厳選、紹介しています。

 

Crystal Glass (クリスタルガラス)

清らかな透明感、美しい輝き、高音の澄んだ音色。まるで天然の水晶のようなであることから、その呼び名で呼ばれるクリスタルガラスは、特に西洋では、装飾芸術としてガラスの価値を高めた存在です。

通常のソーダガラスより硬質で、溶解温度も低く抑えられるという特徴から、繊細なカットやグラヴィールをすることができますが、その成形には高度な知識や技術が必要です。

例えば歴史ある工房では、火を用いてクリスタルを吹く作業「ホットワーク」と、製品を研磨しカットや装飾を施す「コールドワーク」の、それぞれの工程に専門の職人がおり、フランスが世界に誇る著名なクリスタル工房バカラやサンルイは、同国の最優秀職人 M.O.F. (MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE ) を多数輩出しています。

高品質なクリスタルガラス成型は、まさに伝統と技術の結晶です。

 

 


 

<Item Information>

サイズ: cup φ5.7 / stem φ6.6 × H15.3cm
状態:使用感はありません。古いグラス器として、とても良好な状態です。

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts