menu

Items / Pottery

19th Century Copper Lustreware Mug

 

リージェンシー様式の一片。19世紀前期、近代工芸の基礎が整い、多様なスタイルが花開き発展していった時代のイギリス、スタッフォードシャーで作陶されたラスター釉のマグカップです。

ラスター釉の器は銅彩を主に、多くがアメリカへと輸出され、有産階級が社交の場で好んで用いたことでも知られます。そうしたエピソードにも納得したくなる絢爛で奢侈な気配を漂わせていますが、小さなマグカップといいうところが、主張しすぎず好ましいですね。

技法の妙、文明を愉しむ。サイズも程よく、実用性もとても高い一品です。

 


 

size: W9.2 × D7 × H7.1cm

(ご売約済)

Related posts