menu

Items / Pottery

Vieux Paris “Cup & Saucer”

 

19世紀パリ窯、カップ&ソーサーの紹介です。

パリ窯では、ほかのフランス各地の陶磁器窯と同様にプレートからティーポット、パニエまで様々な器が作られましたが、個人的にはカップ&ソーサーが白眉と感じています。上流階級に向けられた華やかな視線を残しながらも、サイズ感とフォルムのシンプルさには慎ましやかな佇まいがあります。

当代のパリ窯らしいゆららかな表情を帯びた白磁質。
金彩にローズを添えた、ささやかに可憐なデコレーションは、職人の手仕事による絵付けです。

繊細な顔料だからこそ、絵具層が剥がれてしまっている個体も多いなか、使用感が少なく状態はごく良好です。

8分目まで注いで約90ml。これは19世紀パリ窯の一般的な規格ですが、香りや味わいと向き合うのに、80〜90mlという量感は、ごく丁度よいです。睡眠前にハーブティーを嗜むならカップ1杯で満足できますし、洋菓子を添えてのティータイムであれば、ポットから注ぎ足しながら飲めば、コーヒー、紅茶は冷めることがありません。

白を基調としたシンプルなテーブルコーディネートに、アクセサリーのようにそっと添えていただいたら、とても素敵だと思います。

 

 

Vieux Paris (ヴュー パリ、パリ窯)

ヴュー パリ。フランス革命前の1700年代半ばから、ナポレオン3世時代が終焉する1870年代頃まで、パリ北東に存在した磁器窯の総称で、Porcelaine de Paris (ポルスレーヌ ド パリ = パリの磁器)とも呼ばれます。また日本では意訳をして「パリ窯」の呼称が使われます。

パリ窯には大きく分けて2つの時代区分が存在します。

初期のパリ窯は1770年代、王立磁器窯セーヴルの持っていた特権を王が緩和したことでパリに設立された複数の磁器窯を指します。

ただそれらの窯は王侯貴族が主なパトロンとなっていたことで、革命後に衰退。その後に、一度閉窯した王立セーヴル窯や、初期のパリ窯から独立した職人による、より小規模な磁器窯が群雄割拠することになるのが、1800年代、後期のパリ窯です。

その技法が中央の権力者に守られ、王侯貴族に向けて作陶を行なっていた磁器製造の職人たちが、フランス革命を経て職を失い、その結果として改めて独立窯(或いは絵付けの工房)がさまざまに立ち上げられることになりました。

※厳密に言えば初期〜後期にかけて地続きだった窯もあったかと思いますが、資料が乏しく、couperinでも特に移行期、過渡期についてはまだ不明な点が多いです。

その歴史的な出自から、煌びやかなモデリングや絵付けをされていることが主ですが、couperinでは、比較的手に取りやすい価格帯の後期パリ窯を主に、現代の暮らしにも溶け込む、慎ましやかな佇まいのものを選びとって紹介しています。

 

 


 

サイズ: カップ W8.4 × D6.1 × H6.2cm / ソーサー φ12.3cm
状態: 使用感は少なく、ごく良好な状態です。

(ご売約済)

Related posts