menu

Glassware / Items

Ancien gobelet cristal

 

1900年代初期頃。上質なクリスタルガラスのゴブレです。

古きフランスの伝統的なデザイン。通称コートプラット (Côtes Plates = フラットリブの意)に、ワンポイント加えた、個人的に初見のカッティング。古きフランスのクラシックを感じながらも、ささやかな遊び心は愉しく、職人による手仕事の跡が垣間見えるガラス断面の表情もとても美しいです。

品のよい装飾性を帯びながらも、佇まいは素朴。

バカラかサンルイか、あるいは今では名もなき地方のガラス工か。
特定には至りませんが、器としての確かな作りの良さを感じます。

通称アメリカ型。日本で言うところのタンブラーですね。現代の暮らしにおいてはごく一般的な規格ですが、古いフランスのクリスタルガラスにおいては、あまり見かけない珍しいサイズ感。冷水からビールまで、

注ぐものは選びませんね。実用性の高さが嬉しいです。

透明度と光の屈折率の高さが生むクリスタルガラスの宝石のような輝きと、歪みや気泡から感じられるかつての職人の気配。民芸を感じるマニュファクチュア。現代の暮らしと共鳴する魅力あるアンティークプロダクトだと思います。

 

 

Crystal Glass (クリスタルガラス)

清らかな透明感、美しい輝き、高音の澄んだ音色。まるで天然の水晶のようなであることから、その呼び名で呼ばれるクリスタルガラスは、特に西洋では、装飾芸術としてガラスの価値を高めた存在です。

通常のソーダガラスより硬質で、溶解温度も低く抑えられるという特徴から、繊細なカットやグラヴィールをすることができますが、その成形には高度な知識や技術が必要です。

例えば歴史ある工房では、火を用いてクリスタルを吹く作業「ホットワーク」と、製品を研磨しカットや装飾を施す「コールドワーク」の、それぞれの工程に専門の職人がおり、フランスが世界に誇る著名なクリスタル工房バカラやサンルイは、同国の最優秀職人 M.O.F. (MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE ) を多数輩出しています。

高品質なクリスタルガラス成型は、まさに伝統と技術の結晶です。

 

 


 

<Shopping Information>

サイズ: φ6.5 × H10.1cm
状態: 使用感は少なく、ごく良好な状態のアンティークガラスです。

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts