menu

Glassware / Items

Quatrefoil Stem Glass

 

19世紀末、アール・ヌーヴォー期のボヘミアングラスの紹介です。

特筆すべきはラスター彩によるガラス表面。光を浴び変化する美しい虹色は、惚れ惚れとする美しさです。それでいて眺める角度によっては透明に。華美に寄ることはない、とても上品な仕上げは、中庸なサイズ感も相まり、暮らしの実用における軽やかさへと繋がっています。

 

 

クワトレフォイル (quatrefoil)のカップフォルム。

かのロブマイヤーやモーゼルにおける成形品も著名ですね。四つ葉模様は、当地の象徴的なデザインの1つです。こちらは同じボヘミア近郊での成形品ですが、もう少し市井の工房で吹き上げられた個体と推測します。ささやかなクリスタル質を帯びています。均整のとれたプロポーションときめ細かやな成形具合からは、経験、技術の粋が感じられつつ、職人仕事ならではのガラスのゆららかさもあり、その均衡こそが心地よいです。

眺め用い愉しんでいただきたい。そんな素敵な一品です。

 

 


 

サイズ: 約W6.9 × H12.2cm

状態: 割れや欠けはなく良好な状態です。

(ご売約済)

Related posts