menu

Curiosité / Items

Ancien Bougeoir en Verre Soufflé

 

19世紀のガラス燭台の紹介です。

このカタチ、メルキュリゼ(水銀泊を張ったもの)がよく知られていますが、ガラスのみで仕上げた個体は初見でした。とても珍しい一品です。揺らぐガラスとドレープ装飾のクラシックな気配はそのままに、全体の印象はより素朴。透明が故。光を浴びて変化する表情も魅力だと思います。

小さなサイズ感で、日本の住環境におけるインテリアとしての軽やかさも備わっています。
成形は型を用いたマウスブロー。職人仕事による古物の効用を、部屋の片隅にそっと。

 

 


 

<Information>

サイズ: φ7.7 × H15.7cm
状態: 割れや欠けはありません。ごく良好な状態です。使用による若干のガラス焼けも表情となっています。

 

(ご売約済)

Related posts