menu

Curiosité / Items

Petit Tissu Vichy en XIXe Siècle

 

南フランスで見つけた1枚。

フランスではチェック織りを伝統産業としていたオーヴェルニュ地方の小都市からその名をとり「ヴィシーチェック」の名でも呼ばれる、19世紀の格子織り、コットンリネン生地の小さな切片。

空間に馴染み溶け込む、優しくて自然な色調と質感が好ましいです。

甘くなりがちな格子織り柄ですが、柔らかなコントラストと控えめな彩度の品の良さに心惹かれました。使い込むことでできた風合い。全体にシボ感があるのは、キルトの縫製をほどき裁断したものだから。南フランスはキルト生産で有名ですね。かつての地方文化の切れ端を、暮らしの傍らに。

 

 


 

<Item Information>

サイズ: 46 × 44cm

備考:
目立つ破れはありませんが、長く使い込まれたことにより、繊細な生地感となっています。
一度の洗濯で破れるようなものではありませんが、縫製素材にすることをご検討の場合は、その点をご了承のうえご注文ください。敷物やインテリアカバーとしてお使いただくぶんには、まったく問題ありません。

 

(ご売約済)

Related posts