menu

Items / Silverware

Cuiller à Fruits en Metal Argent

 

銀のシロップレードルの紹介です。
当時のフランスでは、キュイエール・ア・フリュイ (フルーツスプーン)と呼ばれていた調理古道具です。

かき混ぜ、すくいあげ、注ぐ。
ハンドルの長さもティアドロップのカップ形状も、その実用性について説明は不要ですね。

センターラインのクラシックなハンドルデザインに、アクセントとしての伝統的なツイスト装飾。
シンプルながら19世紀以来の古きフランスの気配を感じますね。

自宅で嗜む果実酒のお供には、理想的ではないでしょうか。現行の量産品で代用され見落とされそうな生活道具こそ、妥協せずに選びとることができたらと思います。

 

 

Silver Plate Cutlery (シルバープレートカトラリー)

シルバープレートとは産業革命の波を受けて、18世紀から19世紀にかけて発展した、真鍮や洋白 (ニッケルシルバー) 等の下地を銀で覆った素材のことです。

美しい輝き、優しい肌触り、食器やグラスに触れたときの綺麗な響き。純銀に比べると暮らしにも取り入れやすく、ヨーロッパの家庭やレストラン、ホテル等さまざまなシーンでも広く使われてきたシルバープレートカトラリーは、食卓の品位を気軽にぐっとあげてくれる存在です。

 


 

銀器の普段の使い方とお手入れ方法

銀器は使っていると空気に触れて色がくすんでいきます。

・洗ったあとはできるかぎりすぐに拭いてあげてください。
・毎日と言わずとも定期的に使ってあげることが大切です。

黒ずみが気になるときはお鍋に熱いお湯を張り、アルミホイルと重曹を入れ銀器を浸しください。銀が輝きを取り戻します。またこの方法であれば、銀器の量が増えても、手間が増えずにお手入れいただけると思います。それぞれの銀器は重ねずに離していただいたほうが、効果は出やすいです。

※鍋はアルミ以外の素材を使用してください。
※シルバーナイフについてのみ、ハンドルとブレードの接合部がニワカという熱に弱い糊で接着されているため、上記方法には注意が必要です。

説明をすると面倒な素材に聞こえますが、実際は想像よりずっと気軽に使っていただけると思います。ぜひ暮らしのなかで程よく気をかけてあげながら、銀器と付き合ってみてください。

 

 


 

<Information>

サイズ: 33cm

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts